こち女ニュース

家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(2)姉の決意

(2017/11/22 11:00)
ボランティアとして福祉施設内の広場に出向き、子どもと遊ぶ大村真由帆さん(左から2人目)=10月下旬、浜松市浜北区
ボランティアとして福祉施設内の広場に出向き、子どもと遊ぶ大村真由帆さん(左から2人目)=10月下旬、浜松市浜北区

 「剛輝を守っていくために、人の2倍稼げる大人にならなければ」。高校3年の大村真由帆(18)は物心ついた時から、自分自身に言い聞かせてきた。「将来私に家族ができたとしても、剛輝が望むなら同居しよう」とも思っていた。父母が老いたら姉として、ダウン症の彼の面倒を見ていく義務があるのだから―。
 剛輝(10)が生まれた時から、率先して世話をした。泣けばそっと抱き寄せ、暗く涼しい所へ連れて行った。眉間のしわをさすると、不思議と泣きやんだ。「この子の面倒を見るのは、ママより私の方が得意」。自信があった。
 ところが“しっかり者”の真由帆は、小学5年から学校と習い事を休みがちになった。バレエやピアノなど、週に6日も習い事に通っていた。しかし、どれも自分の意思で始めたわけではなく、好きになれない。そんな時、クラスメートから無視されたり、陰口を言われたりするようになった。
 「習い事を辞めたい」「学校で嫌なことがあった」。母の由実(52)や教師に訴えたが、「気にしすぎよ」と受け入れられない。「何をしてもうまくいかないのは、私がおかしいからだ」と自分を責めた。
 家にいると悲しいことから解放される半面、この先の不安が押し寄せた。耐えきれずに泣きじゃくると、剛輝は頭をなで、サインペンで泣き顔の絵を描いてみせた。幼稚園から帰って来ると、「お姉ちゃんが家にいてラッキー」とばかりに喜んだ。無邪気な姿に救われた。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

三島市広小路町

cafe tocco(カフェトッコ)

女子の「好き」がいっぱい!心ときめく隠れ家カフェ。

静岡市駿河区聖一色

Deer CAFE & STUDIO(ディア カフェ アンド スタジオ)

穏やかな時間が流れる閑静な草薙で静かなランチ&ティータイムをお楽しみいただけます。

静岡市葵区大岩

旬輝(しゅんき)

閑静な住宅地の和食処がフレンチレストランにリニューアル。ワインと楽しむ「おまかせコース」を提供します。

静岡市葵区常磐町

おかずやmaspi(マスピ)

野菜をたっぷり使った栄養満点のお惣菜をお召し上がりください。

藤枝市

『立体書画』~市民文化祭出品作品展~

2020年12月1日(火)~12月13日(日)

御殿場市印野

富士山樹空の森「カブトムシ&クワガタムシ 採集と標本展」

2020年11月30日(月)~12月13日(日)

伊豆の国市韮山韮山

江川邸 秋の内庭特別公開

2020年11月21日(土)~12月6日(日)

静岡市清水区入船町

エスパルスドリームプラザ クリスマスイベント

2020年11月21日(日)~12月25日(金)

NEWS PAPER

見開き特集面 11月27日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」