こち女ニュース

夫失踪世帯支援届かず 実質「母子家庭」なのに…コロナ禍で困窮

(2020/8/14 17:00)
夫の捜索願を届け出た際に受け取った書類を手にする女性
夫の捜索願を届け出た際に受け取った書類を手にする女性

 夫に失踪された子育て中の女性がコロナ禍で困窮している。実質ひとり親だが、失踪からの確認期間や離婚調停の進展など一定の時間がたつまでは給付を受けられないほか、夫の収入頼みだった世帯は家計が一転し養育費も見込めないためだ。コロナ禍が長期化する中で緊急の支援が必要だが、支援者は「手が届かない課題」ともどかしさを抱えている。
 10代の子を育てる静岡県中部の30代女性の夫は今春、突然退職して住民票を県外に移し失踪した。世帯収入はほぼ夫の給与だったが、飲食店で働く女性のパート収入のみとなり、さらにコロナ禍で数万円に減少。一方で支出は、アパート賃料などの生活費に子どもの制服の購入費などが上乗せされ例年より膨らんだ。児童手当の振込先は「主たる生計者」の夫の銀行口座になったままだ。
 離婚であれば、女性は低所得のひとり親への児童扶養手当を受給でき、6月の手当受給者を対象とする「ひとり親臨時特別給付金」を受けられた可能性が高い。生活保護を受給する選択肢もあるが女性はためらっている。
 女性は「離婚していないと何も支援を受けられないことに驚いた」と肩を落とす。1人10万円の特別給付金は夫以外の家族分を受け取れたといい、食料支援などと合わせて当面をしのぐ。支援団体「シングルペアレント101」(静岡市)の田中志保代表は「失踪関連の相談は年に1件は確実にある。即効性の高い支援メニューがなく、もどかしい」と話す。
 離婚の事案を多数扱う横山友子弁護士(日出町法律事務所、同市葵区)は「協議離婚ができないため裁判所での手続きを経るが、弁護士への依頼から離婚成立までは早くて半年程度は見込むケースが多い」とし、残された親の精神的負担も指摘する。女性も「夫の真意が分からず、すぐ動き出せなかった」と吐露する。
 県西部の40代女性は、夫の失踪、別居期間を経て離婚に至った。この間、夫が就労と退職を繰り返したことで世帯収入がベースになる子どもの保育料は最大3万円ほど変動。養育費はなく、増加分は全て女性が賄った。離婚後、寡婦控除が適用されて税額が減った時、「自分はそれまで共働き世帯に位置付けられていたと実感した」と話す。

 <メモ>低所得の親向けの児童扶養手当は2010年、対象に父子家庭も含めるようになったほか、寡婦控除は今年から、未婚のひとり親にも適用される。典型的な母子家庭以外の「ひとりで子どもを育てている親」への支援は年々拡大している。夫に失踪された「実質ひとり親」の場合は、家出との判別や悪用防止の観点から、失踪から1年の確認期間を経なければ児童扶養手当の受給資格を得られない。また夫不在のまま裁判所に離婚調停を申し立てるにしても、コロナ禍で期日が延期されるなど、以前より時間を要する可能性がある。
 

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区常磐町

おかずやmaspi(マスピ)

野菜をたっぷり使った栄養満点のお惣菜をお召し上がりください。

静岡市葵区七間町

七間町まんてん。

“枠”のいい旬の料理が味わえる和風居酒屋。

静岡市葵区呉服町

MOUMOUバル(モウモウバル)

[プレミアムフライデー/プレミアムフライデー限定! Happy hour TIME]生クリーム専門店「MouMou Cafe」の姉妹店。北海道産の生クリームを使用したメニューをご堪能ください。

静岡市清水区千歳町

ビストロ Bear’s Kitchen(ベアーズキッチン)

気軽に行ける店がある。それってきっと幸せなこと。

静岡市清水区三保

東海大学海洋科学博物館 クリスマスデコレーション

2020年11月21日(土)~12月24日(木)

御殿場市

秩父宮記念公園 秋満開 紅葉づくし

2020年11月27日(金)~29日(日)見頃/2020年11月下旬~12月上旬

静岡市葵区

第3回 美友会展

2020年11月24日(火)~29日(日)

伊豆市湯ヶ島

滑沢渓谷周辺の紅葉

見頃/2020年11月下旬~12月上旬

NEWS PAPER

見開き特集面 11月20日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」