こち女ニュース

テレワーク活用、コロナで加速 「通勤時間節約」歓迎/戸惑いも

(2020/4/3 19:20)
テレワークを活用する山口あゆみさん(左)。パソコンの画面が見えないよう、家族との距離に注意している=3月下旬、静岡市内
テレワークを活用する山口あゆみさん(左)。パソコンの画面が見えないよう、家族との距離に注意している=3月下旬、静岡市内

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、情報通信技術(ICT)を活用した柔軟な働き方「テレワーク」が注目されている。ワークライフバランス推進などの観点から、県内でも少しずつ導入されてきたが、同感染症の影響で取り組みが加速している。活用する人からは「通勤時間を節約でき、生活にゆとりができた」など歓迎する声が聞かれる一方、同僚との情報共有や、書類の取り扱いなどに戸惑う場面もあるようだ。
 SOMPOひまわり生命保険静岡統括部(静岡市葵区)で事務職として働く山口あゆみさん(36)=同区=は3月の第2、3週、長女(13)の中学の臨時休校に合わせ、ほぼ毎日、自宅でテレワークをした。「突然の自宅待機に動揺する娘のそばにいられた。娘のストレス軽減につながった」と制度と職場の理解に感謝する。
 「どんな風に働いているか外から見えないからこそ、仕事を予定通りに進めなくてはという緊張感がある」と山口さん。勤務時間中は家族との私語を控え、情報保護のため、パソコンの画面が見えないよう一定の距離を取っている。
 都内の化学メーカーで働く富士市の為愉美さん(35)も週2回程度、主に自宅でテレワークを活用している。片道1時間45分ほどの通勤時間を削減できるメリットは大きい。「これまでは、制度があっても利用をためらう人もいたと思う。多くの人が実践してみることで理解が進み、より自由に働ける社会の実現につながれば」と期待する。
 一方、社内にいる複数の人とのテレビ会議では議論が聞き取りにくかったり、通信状況が悪くなったりするケースがある。紙の書類の取り扱いにも不便さを感じるという。
 日本テレワーク学会副会長の小豆川裕子常葉大准教授は「テレワークを成功させるには、それまでの仕事の習慣を変えていくという視点が重要。ペーパーレス化を進めたり、新たな技術を導入したりすることで、解決できる問題は多い」と指摘。企業がテレワーク導入と合わせて業務改革も進める必要性を訴える。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市東区天龍川町

柊 Japanese Dining

昼は和定食のランチ、夜は全国各地の地酒と共に、旬の食材を使った美味しい和食が楽しめます。

静岡市葵区紺屋町

一人鍋しゃぶしゃぶ すうぷ

自分のペースで自分好みの「すうぷ」でしゃぶしゃぶが楽しめるビュッフェスタイルの鍋レストラン。

静岡市葵区鷹匠

La cuisine de TAKUMI(ラ キュイジーヌ ド タクミ)

昼はカジュアル、夜は本格的なコースも楽しめるフレンチ居酒屋。50種類以上の各国のワインも注目です!

浜松市北区三ヶ日町下尾奈

KIARAリゾート&スパ浜名湖 RESTAURANT&BAR CIEL BLEU(シエルブルー)

五感を刺激する趣向を凝らした料理と湖畔の絶景。至福のひとときをお過ごしください。

浜松市西区舘山寺町

はままつフラワーパーク 夏休みイベント

2020年8月8日(土)~22日(土)

掛川市御所原

スケスケ展ースケると見える仕組みの世界ー

2020年7月22日(水)~8月30日(日)

菊川市堀之内

【2020年は開催中止】菊川名物 夜店市

2019年8月2日(金)、3日(土)

三島市

ナイトスカイウォーク 花火祭

2020年8月8日(土)~9日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 7月31日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」