こち女ニュース

月刊こち女チョイス(11月号)

(2019/11/10 21:36)
【画像1】さまざまなウィッグをそろえる美容室こもれび。若者から年配者まで幅広い年代が訪れる=8月下旬、長泉町の県立静岡がんセンター
【画像1】さまざまなウィッグをそろえる美容室こもれび。若者から年配者まで幅広い年代が訪れる=8月下旬、長泉町の県立静岡がんセンター
【画像2】乳がんなどの手術をした人が入浴時に利用できる「バスタイムカバー」=1日、静岡市清水区の駿河健康ランド
【画像2】乳がんなどの手術をした人が入浴時に利用できる「バスタイムカバー」=1日、静岡市清水区の駿河健康ランド

 静岡新聞「こちら女性編集室(こち女)」のスタッフが、10月の静岡新聞紙面から「気になったニュース」をまとめました。お見逃し、お読み逃しはありませんか?

■がん患者支援「ウイッグや人工乳房」 静岡県市町で制度活用遅れ
 がん治療による脱毛や乳房の切除など外見上の変化に対応する「アピアランスケア」。静岡県はがん患者の社会復帰や生活の質の向上につながる支援として、本年度からウィッグなどの医療用補正具購入費の助成を政令市以外の市町を対象に始めた。県と市町が費用を2分の1ずつ補助するため、患者が利用するには各市町で制度創設が必要。県の7月末時点の調査で実施済みは熱海、藤枝の2市にとどまり、当事者やケアに関わる関係者は全県的な広がりを望む。(静岡新聞10月3日夕刊)【画像1】

■乳がん患者ら入浴気兼ねなく 静岡の施設、胸元カバー貸し出し
 静岡市清水区の温浴施設「駿河健康ランド」が、乳がんなどの手術をした人が入浴時に胸元を覆うことができる「バスタイムカバー」を貸し出している。女性の11人に1人が罹患(りかん)し、セルフチェックが早期発見・治療につながる乳がん。「入浴時にチェックする習慣を温浴業界から発信したい」と、全国の施設と協力した啓発活動にも力を入れている。(静岡新聞10月4日夕刊)【画像2】

■赤ちゃんへの愛、詩集に 静岡県東部の子育て団体「ママとね」
 静岡県東部の子育て支援グループ「ママとね」は10日、母親らがつづる赤ちゃんへの「愛のメッセージ」をまとめた詩集「トツキトウカ SHIZUOKA EAST2019」を2万部発行し、母子手帳を交付する東部20市町の担当課などで配布を始めた。(静岡新聞10月11日朝刊)

■女性の職域拡大へ 県内消防の職員10人、清水区で講義や訓練
 静岡市清水区の県消防学校で16日、女性消防職員対象の研修が始まった。県内10の消防本部・消防局から計10人が17日まで、女性が活躍する職域拡大を目指して講義や訓練を受けている。(静岡新聞10月17日朝刊)

■乳がん早期発見、治療を 女性有志が啓発活動 富士
 富士市の女性有志グループ「ふじローズリボンの会」(山本知子会長)はこのほど、乳がんや子宮頸(けい)がんなど女性特有のがんの早期発見、治療を促す啓発活動を同市の吉原商店街で行った。(静岡新聞10月17日朝刊)【画像3】

■20~39歳がん患者、8割女性 子宮、乳がん増加が原因
 国立がん研究センターと国立成育医療研究センターは18日、対策の遅れが指摘される小児や15~39歳の思春期・若年(AYA)世代のがん患者のデータを集計したところ、20~39歳の患者の約8割を女性が占めていたとする調査結果を発表した。乳がんや子宮頸がんの増加が原因と考えられる。(静岡新聞10月18日朝刊)

■再就職希望の母親支援 浜松市役所、講習会で情報提供
 浜松市の認定NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴとハローワーク浜松は17日、再就職や職場復帰を希望する母親のための講習会「出張マザーズコーナー」(静岡新聞社・静岡放送後援)を市役所で開いた。(静岡新聞10月19日朝刊)

■女性の起業を後押し、先輩がスキル伝授 清水町でセミナー
 清水町と町ゆうすい未来機構は19日、起業を目指す女性を対象にしたセミナー「ウーマンズカフェ」の第1回を町防災センターで開いた。講師の女性起業家が11月2日までの計3回の講義で起業に必要な会計や販売、経営に関する知識を伝授する。(静岡新聞10月20日朝刊)【画像4】

■保育士資格取得 受講者の14% ママ応援事業6年、県「効果はあった」
 子育て中の母親らの保育士資格取得を応援するため、県が2013年度から始めた「保育・子育てニーズ対応チャレンジ事業」を18年度までの6年間に受講した人の保育士資格の取得率が14・6%だったことが28日、分かった。県の18年度決算を審査する県議会決算特別委員会や県への取材で明らかになった。(静岡新聞10月29日朝刊)

■夫婦一緒、子育て学ぶ 浜松市助産師会、産後の関係助言
 浜松市助産師会は27日、産後の夫婦仲の悪化を防ぐプログラム「ふたりで親になる講座-ストップ!ワンオペ育児」を南区のすこやか助産院で開いた。市内の6組12人の夫婦が来年の出産後まで計3回の講座を通じて、夫婦一緒に子育てをするヒントを学ぶ。(静岡新聞10月29日朝刊)

■子宮移植「賛成」36% 「分からない」46%
 病気で子宮がない女性に第三者の子宮を移植することの賛否を男女1600人に聞いたところ、36・5%の人が「認めてよい」と答え、「認めるべきではない」の17%を上回ったとする調査結果を30日、東京大病院のチームが発表した。(静岡新聞10月31日朝刊)

【画像3】がん検診の受診率向上へアンケートを行うメンバーら(左)=富士市の吉原商店街
【画像3】がん検診の受診率向上へアンケートを行うメンバーら(左)=富士市の吉原商店街
【画像4】起業を目指す女性を対象にしたセミナー「ウーマンズカフェ」=清水町防災センター
【画像4】起業を目指す女性を対象にしたセミナー「ウーマンズカフェ」=清水町防災センター

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

藤枝市藤枝

ゆい吉食堂

朝ラー、大衆食堂、居酒屋。朝昼夜3つの顔を持つ大衆食堂!

静岡市葵区黒金町

YEBISU BAR アスティ静岡店

JR静岡駅構内に、ヱビスの魅力と世界観を楽しむビヤバーが誕生! こだわりのビールと料理をご堪能ください。

静岡市葵区大岩

旬輝(しゅんき)

閑静な住宅地の和食処がフレンチレストランにリニューアル。ワインと楽しむ「おまかせコース」を提供します。

静岡市葵区鷹匠

鷹呑メ(たかのめ)

静岡市葵区鷹匠にふらりと寄れる大衆酒場が2019年4月3日にオープン!

静岡市清水区入船町

エスパルスドリームプラザ 静岡かき氷まつり2020

2020年8月13日(木)~16日(日)

静岡市駿河区南町

サイエンスフェスティバル in る・く・る2020

2020年8月16日(日)

浜松市中区鴨江

幽冥(ゆうめい)界の300年展

2020年8月8日(土)~23日(日)

伊東市松原~湯川

【2020年は開催中止】伊東温泉「夢花火」Part7・8

2019年8月6日(火)、7日(水)

NEWS PAPER

見開き特集面 8月7日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」