こち女ニュース

私も力になれるかな… ウィッグ用髪寄付、子どもたちも次々

(2019/10/9 11:00)
ヘアドネーションのため髪をカットする赤池若奈さん(右)=8月、富士宮市内
ヘアドネーションのため髪をカットする赤池若奈さん(右)=8月、富士宮市内

 病気などで髪の毛を失った子どもが使う医療用ウィッグ(かつら)を作るために、髪を寄付する活動「ヘアドネーション」が小学生など子どもたちの間でも広がっている。メディアやSNSの影響により子育て中の母親に浸透し、子どもも興味を持つようになったとみられる。夏休みの自由研究や作文で発表する事例も増えているようだ。
 富士宮市の小学5年赤池若奈さん(10)は8月下旬、市内の美容室で腰まで伸ばした髪を約35センチカットした。久しぶりのショートヘアに「軽くなって、さっぱりした」と笑顔を見せた。
 赤池さんはネット記事でヘアドネーションを知った母節子さん(42)の勧めで、7歳から髪を伸ばし始めた。次第に取り組みの趣旨が理解できるようになり、「良い状態で寄付したいと思い、手入れを頑張った」。美容室で写真も撮り、夏休みの自由研究として提出した。「クラスのみんなにもヘアドネーションを知ってもらいたい」と声を弾ませた。
 赤池さんが髪を寄付した医療用ウィッグメーカー「グローウィング」(大阪市)のプロジェクト「つな髪」の担当者は「年々、子どもからの関心や興味が高まっている」と指摘する。同社はその流れを受け、今夏初めて親子向けイベントを開催。参加者はウィッグができるまでの工程を学び、髪の仕分け作業を体験した。自由研究のテーマにしたいという声も多く、自由に引用できる写真素材をホームページに期間限定で掲載した。
 国内で先駆けて寄付を受け付けてきたNPO法人ジャパン・ヘアドネーション&チャリティー(JHD&C、大阪市)でも子どもの寄付は増加傾向。2018年3月の調査で10代以下の寄付は全体の約25%だったが、現在は4割を超えるという。渡辺貴一代表理事(48)は「当初は20代の女性がメーンだった協力者が、30~40代の母親に広がり、子どもも参加するようになったのでは」と分析し、「チャリティーを特別なことでなく、身近に感じる子どもが増えればうれしい」と歓迎する。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

三島市大宮町

さくらCAFE

“三嶋大社”スグとなりのカフェ。お食事メニューも充実で、伊豆の各地域をイメージして焙煎・ブレンドしたコーヒーは絶品。

静岡市駿河区南町

Cafe LA TRAVIATA(カフェ ラ トラヴィアータ)

雰囲気も自慢のイタリアンレストラン。種類豊富な前菜やパスタ、ピッツァなどと共にイタリアワインで乾杯を!

静岡市駿河区用宗

用宗みなと横丁 Patisserie & Cafe MARU MER(マルメール)

食べるアート!パティシエが作る本格アシェットデセールをお楽しみください。

熱海市上多賀

COEDA HOUSE(コエダハウス)

アラスカヒノキの角材を49層に積み上げた店内から水平線を一望できる絶景カフェです。

静岡市駿河区登呂

スルガフェスin登呂

2019年10月20日(日)

静岡市清水区由比

第14回由比街道まつり

2019年10月20日(日)

西伊豆町宇久須

西伊豆キャンドルナイト2019

2019年10月19日(土)

三島市本町

ハロウィン・パレード in みしま 2019

2019年10月20日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 10月18日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」