こち女ニュース

患者の周産期統計を冊子に 静岡のクリニック、合併症など調査

(2017/5/10 11:00)

 不妊治療専門の俵IVFクリニック(静岡市駿河区、俵史子院長)はこのほど、同クリニックで体外受精や顕微授精を受けて妊娠した患者の周産期状況を追跡調査し、統計にまとめた。妊娠合併症などの発症状況を把握し、より安全な出産につなげる狙い。統計を冊子にまとめ、患者の転院先を中心に地域の医療機関約130施設に配布した。
 2014年10月~2015年9月に同クリニックで生殖補助医療を経て妊娠した384人の、妊娠期間中や分娩(ぶんべん)経過を医療機関や患者への聞き取りで調査した(平均年齢36・2歳、回収率は100%)。体外受精などで受精卵を移植した患者の年齢は39歳が最も多く、移植後に妊娠した人は38歳が最も多かった。
 384人のうち単胎妊娠は382人、多胎妊娠は2人。単胎妊娠のうち流産は99件(約25%)、新生児死亡が1件あった。単胎出産した280人のうち、帝王切開は約45%(124件)だった。
 妊娠中に発症した合併症には、陣痛前に破水する前期破水や出産後の弛緩(しかん)出血、癒着胎盤、切迫早産などがあった。今後、日本産科婦人科学会の周産期統計などと比較し、治療と合併症リスクの関連を調べる。
 俵院長は「不妊治療を受ける患者の高年齢化も、帝王切開や合併症リスクの要因の一つ」とみる。また「一般的に、生殖補助医療を受けると妊娠合併症の頻度が上がると言われているが、リスク因子はまだ明確でない。患者の経過調査を継続し、周産期医療と生殖医療の連携を深めたい」と話す。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

沼津市高島町

Jolie Ange(ジョリーアンジュ)

ホテルのフレンチシェフ考案。出来たてパンケーキとフレンチトーストの店。

静岡市葵区伝馬町

和膳二代

和食の技をいかした玉子焼き・たまごサンドの専門店。夜は1日1組限定でコース料理を提供。

静岡市駿河区西平松

ファーマーズレストランDON FARM(ドンファーム)

久能のいちご海岸通り沿いにオープンした、農家レストラン。採れたて野菜たっぷりのイタリアンを提供します。

静岡市駿河区用宗

用宗みなと横丁 Patisserie & Cafe MARU MER(マルメール)

食べるアート!パティシエが作る本格アシェットデセールをお楽しみください。

静岡市駿河区

専門学校中央医療健康大学校オープンキャンパス(6/14)ランチ付き♪【中学生以上対象】

2020年6月14日(日)

袋井市豊沢

【2020年は開催中止】法多山 ホタル祭り

ホタル祭り/2019年5月25日(土)・26日(日)、6月1日(土)・2日(日) ホタル鑑賞/5月下旬~6月上旬

東伊豆町奈良本

奈良本けやき公園のほたる

2020年5月中旬~下旬

静岡市清水区船越

清水船越堤公園のホタル観賞

2020年5月中旬~6月中旬

NEWS PAPER

見開き特集面 5月8日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」