女性の起業支援「スタートアップ塾」 静岡・葵区で開講

 静岡市産学交流センターは8日、起業に興味のある女性を対象にした講座「起業スタートアップ塾」を同市葵区で開講した。女性のキャリア支援などを手掛ける「るるキャリア」(葵区)の内田美紀子代表が講師を務め、全4回の初回は「私らしい働き方」をテーマに講演した。

起業に興味を持つ女性たちが知識を学んだ講座=静岡市葵区
起業に興味を持つ女性たちが知識を学んだ講座=静岡市葵区

 内田代表は女性が起業する上で大切なこととして、新たなツールの活用や女性起業家グループへの参加など、九つのポイントを挙げた。ツールの例では、個人が無料で使用できるフェイスブックの活用を推奨。1日17万人の利用者がいることや、投稿に対する反応を解析できるビジネス用の機能があることを紹介し、企業や商品の宣伝に利用するメリットを伝えた。
 次回以降の講座は、マーケティングの基礎知識やSNS(会員制交流サイト)を使った情報発信の方法を学ぶ。県内で活躍する女性起業家もゲストで登場する。

いい茶0
メールマガジンを受信する >