こち女ニュース

満州引き揚げ、10歳の逃避行 静岡、娘が取材し本に

(2016/11/5 11:00)
満州引き揚げ体験を挿絵に描いた望月郁江さん(左)と、本を執筆した泉さん=静岡市葵区
満州引き揚げ体験を挿絵に描いた望月郁江さん(左)と、本を執筆した泉さん=静岡市葵区
10歳だった郁江さんが弟とたどった道のり
10歳だった郁江さんが弟とたどった道のり

 終戦翌年の1946(昭和21)年、10歳で満州を引き揚げた静岡市葵区の望月郁江さん(80)の体験記「お母ちゃんとの約束」(A5判、165ページ)を、長女の泉さん(50)=米国在住=が取材、執筆して出版した。6歳の弟と2人きりで550キロを歩き、静岡へ帰郷した実話。
 郁江さんは1943(同18)年、6歳の時、先に旧満州国へ渡っていた両親に呼び寄せられ、通化市で暮らした。静岡市の祖父母宅に3年間預けられていた郁江さんにとって、「ほのぼのと楽しい日々だった」。
 しかし、「終戦と同時に新たな戦争が始まった」。家財を奪われ、日本人数千人が虐殺されたとされる「通化事件」(46年)で、父為吉さんも連行され拷問を受けた。幼い弟妹を相次いで亡くし、母加津子さんは床に伏すようになった。
 同年9月、為吉さんは子どもだけ先に帰還させようと、引き揚げる同僚に10歳の郁江さんと6歳の弟を託した。しかし、出発初日の列車で同僚は体調を崩し、姿を消した。残された郁江さんは「静岡で会おう」という両親との約束を胸に、弟を守りながら、帰還船が出る葫蘆(ころ)島を目指した。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区両替町

DINING BAR STANDOUT by RUMOR(スタンドアウトバイルーマー)

大人の雰囲気に包まれたダイニングバー。ランチはカレービュッフェ、ディナーは厳選したお肉料理をお楽しみください。

静岡市駿河区用宗

用宗みなと横丁 ヴィクトリーライトニング用宗店

自家製パティのハンバーガーをメインにしたアメリカンポップなシーサイドカフェ。

熱海市銀座町

熱海銀座 おさかな食堂(おさかな酒場)

熱海の海の幸と伊豆の食材をふんだんに使った海鮮エンターテイメント食堂。

静岡市葵区山崎

Spicy Curry WANYA(わんや)

南インドの小麦粉を使わない健康的でスパイシーなカレー。

浜松市南区

浜松市緑化推進センター(みどり~な)の早咲き桜

見頃/2021年1月上旬~3月中旬 ※天候等により変わる場合があります

静岡市葵区井川

リバウェル井川スキー場 感謝デー 2021

2021年1月24日(日)

熱海市上多賀、下多賀

熱海 さくらの名所散策路(四季の道)の桜

見頃/2021年1月下旬~2月中旬

沼津市井田

沼津市井田地区の菜の花畑

見頃/2021年1月下旬~2月下旬※天候により変動する場合があります。

NEWS PAPER

見開き特集面 1月15日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」