投資編(5)「格付け」で安全性確認 債券投資

 【Q】投資を始めようと考える初心者向けアドバイスをファイナンシャルプランナーの安藤絵理さん(静岡市)に聞くマネー曜日「投資編」。今回は債券投資の特徴や留意点などについてです。


 【A】債券とは、国や地方公共団体、会社などがまとまった資金を調達するときに発行する証券です。一般的なタイプは、あらかじめ支払う金利や償還日が定められており、購入後は定期的に利子を受け取り満期時に額面金額が返還(償還)される仕組みになっています。償還までの期間は2カ月程度から、40年くらいの長いものまであります。
 債券の商品性は、償還時まで所有していれば定期預金に似ていますが、途中でお金が必要になって売却する場合はその時点の市場価格となるため、注意が必要です(個人向け国債を除く)。一般的に、購入時よりも世の中の金利が上昇していると債券の価格は下落し、金利が下落していると債券の価格は上昇します。
 債券のリスクとリターンは、株式と比較すると低めですが、種類ごとに大きく異なります。債券の種類は、国が発行する国債、地方公共団体が発行する地方債、企業が発行する社債、外国の自治体や企業が発行する外国債券などが代表的です。
 発行体が破綻すると、元本が返ってこなかったり、利払いがなくなったりする場合もありますので、発行体の安全性を確認することが大切です。
 安全性は「格付け」でチェックできます。一般的に、格付けが高いほど利回りは低く、格付けが低いほど利回りは高くなります。また、外国債券は発行体の格付けが高い場合でも、為替のリスクがあり、とくに新興国債券は為替の変動が大きいので注意が必要です。
 個人向け国債は、銀行や信用金庫、証券会社など、ほとんどの金融機関で購入できますが、社債や外国債券などは証券会社で購入します。購入単位は、個人向け国債のように1万円単位で購入できるものから、50万~100万円程度必要になるものまであります。新規に発行される債券を購入する場合には、手数料はかかりません。
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >