コラム「誰かが片付けてくれている」【こち女】

 東名高速道を利用して通勤していますが、路側帯や中央分離帯にポイ捨てされたペットボトルやごみが目につきます。ペットボトルは中身が入っているものも多く、走行中に捨てるのはとても危険です。ごみを車内に置いておきたくないのかもしれませんが、サービスエリアなどにもごみ箱が設置されているので、決められた場所に捨ててくれれば気分よく運転ができるのにと思います。

 4歳の息子は外を歩いている時、落ちている物をすぐ拾おうとします。誰の物か分からない、汚い、と理由を並べてやめさせますが一苦労です。ストラップなどの落とし物もありますが、アイスの棒などあきらかにポイ捨ての物も。子どもとけんかになりそうになるたびに、本当はポイ捨てする方が悪いのにと考えてしまいます。
 息子には公共の場所を汚さないことはもちろんですが、自分さえ良ければいいのではないということ、誰かが片付けてくれていることをしっかり伝えていきたいです。  (山田弥生)

いい茶0
メールマガジンを受信する >