こち女ボイス「マスク着用で困ること」

 新型コロナウイルスの感染拡大によって日常生活は一変し、マスク着用が定着しました。しかしマスクによる肌荒れや息苦しさはつらいです。熱中症リスクも高まるとのことで注意が必要です。

 マスク着用で困ることといえばほかにも、顔が半分隠れているため、知り合いとすれ違っても気付かない点です。あいさつしそびれることもあるので気をつけなければと思います。学生や職場の新1年生は、マスク姿の友達や上司、先輩しか分からないと戸惑った人もいるかもしれませんが、新しく出会った人の顔を覚えるのも苦労しそうです。
 先日、高校生の娘が塾の帰り道、自宅近くでマスク姿の男性に呼び止められるということがありました。暗闇で顔が分からず、知り合いだったら悪いと思って自転車を止めたようですが、話の内容から怪しいと気付き、慌てて逃げて帰ってきました。以前なら、夏の夜にマスク姿の人を見かけたら不審に思えたかもしれませんが、マスク姿が当たり前となった今では警戒心も薄れているのかもしれません。防犯面でも注意が必要な気がしました。 (鈴木京子)

いい茶0
メールマガジンを受信する >