こち女ボイス「つながりに心温まる」

 新型コロナウイルスの流行をきっかけに、無料通信アプリ「LINE」を通じて、こち女読者の皆さんの声を聞かせてもらう機会が増えています。学校休校や休業に伴う切実な悩み、外出自粛の中でも前向きに過ごすアイデアなどどれも貴重な声で、取材のヒントになっています。

 先日、妊娠中の女性から寄せられた「赤ちゃん用品店で、沐浴[もくよく]用ガーゼが買えない」というメッセージを取材の出発点に記事を書きました。掲載後、別の方から「手元にあるガーゼを困っている人に寄付したい」とメッセージが寄せられました。何度かやりとりをするうちに、その方の思いなども分かり、温かい気持ちになりました。
 「人と直接会い、話を聞く」のを仕事の基本としてきましたが、それがままならない状況です。ただ、お会いしたことのない方とのLINEでのやりとりでも、心の通った「つながり」をつくっていけるのかもしれないと、最近思っています。 (大滝麻衣)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0