こち女ボイス「望まない受動喫煙のない世の中に」

 改正健康増進法が施行され、今月から飲食店などに原則禁煙が義務付けられました。今までは子連れで飲食店に行ったとき、近くの席でたばこを吸われると急いで食事を済ませて帰ることもあったので、分煙化は歓迎です。

 近所にある小さなお好み焼き店は例外的に喫煙できる「喫煙可能店」になり、20歳未満の入店ができなくなりました。未就学児の息子も好きだったので残念に思っていたところ、その店では新型コロナウイルスの影響で外出自粛の動きもあることからテイクアウトを格安で始めました。店で食事することは当分できませんが、これからは家で店の味を楽しみたいと思います。
 1980年代ごろはドラマで人気俳優たちが格好良くたばこを吸うシーンが多くあり、歌詞などにもたばこが登場。そのころに比べると吸い殻があふれた灰皿を公共の場で見ることは減りましたが、望まない受動喫煙のない世の中に早くなることを願います。  (山田弥生)

いい茶0
メールマガジンを受信する >