コラム

こち女ボイス「心穏やかにしてくれる手仕事」

(2019/8/24 11:00)

 「背守[せまも]り」。とてもかわいかったです。それは昭和の初め頃まで母親がわが子の健やかな成長を願って着物に縫った刺しゅう。再びの広がりを期して普及を始める子育て支援団体「浜松の未来を育てる会」の準備会を取材しました。
 挑戦したママたちは伴っていた0歳の赤ちゃんを途中からおんぶし始め、真剣な表情で縫っていました。感想は「久しぶりに一つのことに夢中になれて楽しかった」とのこと。この気持ち、私は分かりますし、同会が普及を進める狙いの一つでもあります。
 私の初産は41歳。高齢出産のため、毎日さまざまな不安を抱えて、いろいろ考えるのです。揺れる心を穏やかにしてくれたのが手仕事。本を参考に、ミニマスコットを縫いました。
 朝から晩までまさに一心不乱で縫うと、不安は吹き飛ぶ上、達成感でうれしさがこみ上げたことは忘れられません。思うように事が進まない日々の中、小さくとも着実な一歩は貴重です。マスコットもかわいいけれど、日本の母親がつないできた背守りに早く出合いたかったと思います。  (加藤愛己)

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

三島市大社町

PaRmo Fuji(パルモフジ)

「ここでしか味わえない”おいしい”をデザインする」冨士森永乳業の直営店PaRmoFuji 。

静岡市葵区人宿町

ITAMAE 朝太郎(いたまえ あさたろう)

ライブ感たっぷりの板前料理を提供。旬の食材の味わいを生かした和食を日本酒やワインと共にご賞味ください。

静岡市葵区大岩

旬輝(しゅんき)

閑静な住宅地の和食処がフレンチレストランにリニューアル。ワインと楽しむ「おまかせコース」を提供します。

熱海市田原本町

LEONE9(レオーネノーヴェ)/Gelateria ai pinoli 熱海ジェラート(ジェラテリア・アイピノーリ)

地元の食材を活かしたシチリア仕込みのイタリアンやジェラートをお楽しみ下さい。

NEWS PAPER

見開き特集面 7月10日号

SNS

Facebook

twitter

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」