こち女ボイス「広がる公園カフェ」

 寒さも和らぎ、外に出掛けたいけれど、近所の公園は行き尽くした。かと言って、遠出する時間とお金の余裕もない。悩んでいた時、静岡市葵区の城北公園に開店したコンテナカフェ「ル パルク」に足を運びました。

 カフェは、市が民間事業者を募って実験的に期間限定で営業しています。公園内にキッチンコンテナと飲食用のソファが並び、一画がまるでおしゃれなカフェのよう。親子連れや学生、お年寄りなど、いろんな世代でにぎわっていました。
 静岡市以外の県内の公園でも最近、公園内に民間の飲食店がオープンしたり、管理・運営を民間に委託したりするケースをよく見聞きします。公園は老若男女が利用する場所。民間活力の導入にあたっては、来園者の安全確保やどの程度の収益事業を認めるかなどの課題もあります。それでも、管理コストの削減やサービスの拡充などの効果が期待され、全国で広がっています。
 私も公園の“ヘビーユーザー”の一人。身近な場所がこれまで以上に魅力的な場所になればうれしいです。  (鈴木美晴)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ