静岡新聞NEWS

夜間フェスで浜松盛り上げ 若者企画、泡パーティーも

(2019/8/8 07:35)
若者がつくる夜間フェスのPRチラシを持つ主催者の原一史さん=7月中旬、浜松市中区
若者がつくる夜間フェスのPRチラシを持つ主催者の原一史さん=7月中旬、浜松市中区

 浜松市出身の若者たちが9月21日、同市特有の運動会種目「城落とし」と音楽祭を融合させた浜松色豊かな夜間フェス「ファイアーキャッスル」を計画している。ネオンライトがきらめく“合戦場”とライブ会場を渚園(同市西区)に作り上げ、若者らの熱気の渦を生み出す。
 主催者は故郷の活性化に情熱を燃やす会社員原一史さん(24)=東京都中野区=。「浜松まつり」で地域の潜在的な活力の大きさを感じる一方、エネルギーを持っているはずの若者がつくる大イベントが少ないと感じていたという。都内で人材業の仕事に励みながら週末は浜松に戻り、故郷の盛り上げに共感してくれた起業家原田一矢さん(27)やコンサルタント前田勇気さん(25)らとタッグを組み準備を進めてきた。
 浜松らしいコンテンツとしてイベントの目玉にした城落としは、二つの軍がそれぞれ相手軍の城の模型を囲み、球を投げて攻撃する。弱点が壊れると激しく煙が上がる大掛かりな仕掛けで、先に陥落させた軍が勝つ。
 本番は最大約4メートルの巨大な城をネオンライトで彩り、球も蛍光塗料で光らせるなど大人が楽しめる夜の合戦を演出。参加者約400人を募集し、8軍に分けて優勝を争う。
 「音楽のまち」を意識して合戦場の周りで繰り広げる音楽祭は、市内最大級のクラブハウス「エグゼ浜松」が協力。東海地域から招くDJやダンスチームが音楽や踊りで盛り上げる。来場者が泡だらけになる若者に人気の「泡パーティー」なども企画している。
 原さんは「浜松の若者の可能性やエネルギーの大きさを内外に示すカルチャーフェスにしたい」と意気込む。
 ツイッターで情報を発信中。ユーザー名は「@FIRE_CASTLE_FES」。

DeePopの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト