みどり色、今年こそ 大井川鉄道「トーマス号」6月から運転

 大井川鉄道(本社・島田市)は12日、6月12日~10月18日に「きかんしゃトーマス号」を運転すると発表した。新型コロナウイルスの影響で、昨年運行できなかった「みどりのトーマス号」も6月に期間限定で運行予定。13日正午から、特別往復乗車券と期間中に千頭駅で開催する「トーマスフェア」の入場券を合わせたセットを先行販売する。

「みどりのトーマス号」のイメージ(大井川鉄道提供)
「みどりのトーマス号」のイメージ(大井川鉄道提供)

 新金谷―千頭間を延べ77日間、計154本を運行する。みどりのトーマス号は6月12日~28日の11日間。長編アニメ作品「トーマスのはじめて物語」の中で、トーマスが作品の舞台となっているソドー島に初めてやってきた頃の緑色の車体を再現しているという。
 期間中はこのほかに、出発準備中の様子が見学できる「整備工場」(新金谷駅)やバスのバーティーに乗るツアーなども企画している。問い合わせは大鉄<電0547(45)4112>へ。

いい茶0
メールマガジンを受信する >