濃い抹茶レシピコンテスト企画 入賞メニューはカフェで提供

 島田市身成で有機抹茶を製造・販売する「Matcha Organic Japan(マッチャ・オーガニック・ジャパン)」が、抹茶の消費拡大や地元産抹茶の認知度向上を目的とした「濃い抹茶のレシピコンテスト」を企画した。入賞レシピは同社が運営するカフェのメニューに採用する。19日まで事前エントリーを受け付けている。

自社の抹茶を使用しているカフェでレシピコンテストを紹介する田村社長(右)=島田市内
自社の抹茶を使用しているカフェでレシピコンテストを紹介する田村社長(右)=島田市内

 海外を中心に抹茶ブームが広がる中、家庭での消費にもつながるようなレシピを集めて抹茶を楽しむ機会を創出することが狙い。一般市民や製菓・飲食関連の事業者に幅広く応募を呼び掛け、参加者にはレシピ開発用に同社のオーガニック抹茶250グラムを無償提供する。「カフェ」「おうち」の2部門で書類選考と完成品の持参・送付による審査を行い、入賞者を決定する。
 同社は市内の若手茶農家5人が2016年に設立し、抹茶の原料となる甜茶(てんちゃ)の有機栽培・加工を手掛ける。田村善之社長は「単なるブームに終わらせずに良質でおいしい抹茶の味を知ってもらい、活用の可能性を広げていきたい」と話している。
 エントリー、問い合わせは<電080(1183)3419>へ。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0