J1清水・山室社長が著書 組織運営の手法つづる

 サッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスの山室晋也社長(61)がこのほど、著書「経営の正解はすべて社員が知っている」(ポプラ社、1650円)を出版した。自身が実践した組織運営の手法をテーマに、前職のプロ野球ロッテ社長時やコロナ禍で困難な船出となった清水での取り組みをつづった。

組織運営の手法などについてつづった山室社長の著書=静岡市清水区
組織運営の手法などについてつづった山室社長の著書=静岡市清水区

 山室社長はみずほ銀行執行役員などを務めた後、2014年からの6年間、ロッテで球団初の単体黒字化などを成し遂げた。20年1月から現職に就く。
 本では他に、利益を生み出すための視点などを紹介。清水で試みた話題づくりの企画の裏話も記した。山室社長は「経営者だけでなく、さまざまな立場にいる人に参考にしてもらえたら」と話す。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0