医療従事者に感謝の花火 掛川、イルミネーションと共演

 新型コロナウイルス感染症と闘う医療従事者に感謝を伝えようと、掛川ロータリークラブは25日、掛川市のつま恋リゾート彩の郷で花火の打ち上げを行った。

医療従事者への感謝を込めた花火とイルミネーション=25日午後、掛川市
医療従事者への感謝を込めた花火とイルミネーション=25日午後、掛川市

 創立45周年記念イベントの一環。つま恋の協力でイルミネーションが点灯され、役員たちが花火と電飾の共演を見届けた。
 120発の花火を4分間にわたって打ち上げた。打ち上げ場所は市内の中東遠総合医療センターから見えるよう定めた。
 当初予定していた記念式典は感染症対策のため中止し、密を防ぐため花火の事前告知もしなかった。実行委員長の対崎育代さんは「今できることをみんなで考えた。花火を通じて一瞬でも穏やかな気持ちになってもらえれば」と願った。

いい茶0
メールマガジンを受信する >