圧巻118段のひな壇飾り 東伊豆・稲取【動画あり】

 屋外では日本一となる118段のひな壇飾りの展示が20日、東伊豆町稲取の素盞鳴(すさのお)神社で始まった。同数だった伊東市の仏現寺は2年連続で展示しないため、今年も“単独日本一”となった。3月10日まで。

参道の急階段118段にお目見えしたひな壇飾り=東伊豆町稲取の素盞鳴神社
参道の急階段118段にお目見えしたひな壇飾り=東伊豆町稲取の素盞鳴神社
参道の急階段118段にお目見えしたひな壇飾り=東伊豆町稲取の素盞鳴神社
参道の急階段118段にお目見えしたひな壇飾り=東伊豆町稲取の素盞鳴神社
参道の急階段118段にお目見えしたひな壇飾り=東伊豆町稲取の素盞鳴神社
参道の急階段118段にお目見えしたひな壇飾り=東伊豆町稲取の素盞鳴神社

 展示は3月31日まで開かれている「雛(ひな)のつるし飾りまつり」(稲取温泉旅館協同組合主催)の関連行事。本殿に向かって伸びる石段に約500体のひな人形を並べ、両脇を色鮮やかな伝統のつるし飾りで彩った。
 急階段に現れた圧巻の光景に多くの観光客がカメラを向けていた。近くを走る伊豆急行線は期間中、一部列車が徐行運転し、車窓から眺めることもできる。
 展示は午前10時半から午後3時まで。雨天中止。

いい茶0
メールマガジンを受信する >