静岡新聞NEWS

女性目線の「かわいい」寒天新商品 栗原商店(清水町)

(2021/1/18 09:01)
かんてんプリンを手作りで生産する栗原商店の職人=清水町
かんてんプリンを手作りで生産する栗原商店の職人=清水町

 「ところてんの伊豆河童」の製造販売を手掛ける栗原商店(清水町)が地元食材を活用して開発した新商品が話題になっている。新たな顧客として健康志向の女性の取り込みを図り、女性目線を取り入れて“かわいい”をキーワードにデザインにもこだわったのが特徴。消費が低迷する伊豆特産の天草の魅力を若者に発信しようと奮闘している。
 「最高品質の天草を多くの人に知ってもらいたい」(栗原康浩社長)。生産者の高齢化などにより、伊豆の天草は収穫量が減少している。消費拡大を図り、産地を支えるために新たな顧客の獲得を目指し若者向けの商品開発を始めた。
 第1弾は「かんてんプリン」と「ミルクかんてん」の2種類。昨年3月に販売を始めた。女性スタッフの意見を取り入れて試作を重ね、丹那牛乳や寿太郎ミカンなど地元特産品を材料に使用し、さっぱりとした味に仕上げた。機械は使わず、経験豊富な職人が手作りで生産に臨む。
 デザインはグラフィックデザイナーの岡本雅世さん(三島市)に依頼。容器をカッパの顔、ふたをお皿に見立てたデザインは「グッドデザインしずおか」の特別賞に選ばれた。商品は「ほっこりと手に取りたくなる」と女性を中心に喜ばれているという。
 現在は豆乳を使用した寒天プリンなど低カロリー食品の開発を構想している。栗原社長は「女性に親しまれるヘルシーな寒天プリンを作り、伊豆の天草生産者の助けになりたい」と意気込む。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿