静岡新聞NEWS

燃えるようなカエンカズラ 熱川バナナワニ園で見頃

(2021/1/17 08:45)
鮮やかなオレンジ色の花がつり下がり、見頃を迎えているカエンカズラ=東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園
鮮やかなオレンジ色の花がつり下がり、見頃を迎えているカエンカズラ=東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園

 東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園で、ノウゼンカズラ科のつる植物「カエンカズラ」が見頃を迎えている。房状に咲いたオレンジ色の鮮やかな花が、来園者を楽しませている。
 南米原産のカエンカズラは、火炎を思わせる色から和名が付いた。1本の木からつるが10メートル以上に伸び、直径2・5~3センチ、長さ7センチほどの筒状の花が20~30輪ずつ束になってつり下がっている。同園によると、今年は例年よりやや早い1月上旬から花の見頃を迎えた。数千輪が次々と開き、2月中旬まで楽しめる。
 同園は11都府県への緊急事態宣言を受け、2月7日まで営業時間を午前9時~午後3時半(最終入園同3時)に短縮している。問い合わせは熱川バナナワニ園<電0557(23)1105>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿