静岡新聞NEWS

新東名120キロ、12月22日本格運用 静岡県内全区間

(2020/11/25 12:32)

 静岡県警は25日、新東名高速道の御殿場ジャンクション(JCT)―浜松いなさJCT(約145キロ)全線の6車線(片側3車線)化の完了に伴い、12月22日午後2時から、静岡県内全区間で最高規制速度120キロの本格運用を開始すると発表した。
 県警は2019年3月から、新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC(約50キロ)の上下線で最高規制速度を120キロとする試行運用を実施している。中日本高速道路の全線6車線化工事で、残されていた長泉沼津IC―新静岡IC上り線(約53キロ)と藤枝岡部IC―島田金谷IC上下線(約15キロ)が完成する見通しとなり本格運用を決定した。
 県警交通規制課によると、120キロ試行開始後の1年間では死亡事故の発生は無く、人身事故の発生件数も横ばいだった。県警は本格運用に向けて標識や看板の整備、安全対策などを進めるという。
 

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿