静岡新聞NEWS

「霜降」県内、深まる秋 浜松は赤ソバの花、藤枝はコスモス見頃

(2020/10/23 13:54)
秋の深まりを知らせる赤ソバの花=23日午前、浜松市西区のはままつフラワーパーク
秋の深まりを知らせる赤ソバの花=23日午前、浜松市西区のはままつフラワーパーク
雨の中、色鮮やかに咲くコスモス=23日午前10時ごろ、藤枝市岡部町
雨の中、色鮮やかに咲くコスモス=23日午前10時ごろ、藤枝市岡部町

 23日は二十四節気の「霜降(そうこう)」。朝晩の気温が下がり霜が降り始めるころとされる。県内は低気圧や前線の影響で、午前中は雨が降った。静岡地方気象台の観測によると、午前の最低気温は静岡市駿河区18・2度、浜松市中区18・6度、三島市16・9度と9月下旬から10月上旬並み。
 浜松市西区のはままつフラワーパークでは、赤い花を咲かせるソバの品種「高嶺(たかね)ルビー」が見頃を迎え、来園者に秋の深まりを告げている。11月上旬ごろまで楽しめるという。リニューアルのために11月から閉鎖されるバラ園でも、色とりどりの秋バラが華やかな姿を見せている。
​ 藤枝市岡部町殿地区では、3ヘクタールほどの休耕田を利用したコスモス約300万本が鮮やかな花を咲かせている。管理を行う「コスモスを咲かせてみよう会」の会員が雨の中、ピンク色や赤色に咲く花の状態を確認した。同会によると、10月いっぱいは楽しめるという。来場時のマスク着用を呼び掛けている。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿