静岡新聞NEWS

新聞配達エッセー、最優秀賞に大塚さん(静岡) 祖父への敬意表す

(2020/10/1 09:30)

 日本新聞協会は30日、新聞配達や販売所にまつわる心温まる逸話を募集した「第27回新聞配達に関するエッセーコンテスト」の受賞作品を発表した。3部門に6065編の応募があり、大学生・社会人部門の最優秀賞に静岡市駿河区の公務員大塚遥香さん(31)の「祖父の手帳」が選ばれた。
 岐阜県生まれの大塚さんは、実家から車で20分ほどの険しい山あいで新聞配達をしていた祖父南新平さん(故人)との思い出を描いた。
 「少なくてすまん」と言いつつ毎年千円のお年玉をくれた南さんは、大塚さんが静岡大在学時に73歳で死去した。遺品の手帳には、配達先の住民の栽培する農作物や通院時間などが書かれていた―との内容。地域で暮らす人たちのために仕事をしていた祖父への追慕と敬意を表した。
 大塚さんは「コロナ禍が終息したら、祖父の家に行って報告したい」と喜びを語った。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿