静岡新聞NEWS

逆転トライ像エコパに ラグビーW杯「静岡ショック」1年

(2020/9/28 08:32)
1周年記念イベントでお披露目されたモニュメントとモチーフとなった福岡堅樹選手(右端)=27日午前、袋井市のエコパスタジアム
1周年記念イベントでお披露目されたモニュメントとモチーフとなった福岡堅樹選手(右端)=27日午前、袋井市のエコパスタジアム

 昨年開催されたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、日本が強豪アイルランドを破った「静岡ショック」の1周年記念イベント「RUGBY in ECOPA, again」(静岡県主催)が27日、会場となった袋井市のエコパスタジアムで開かれた。歴史的勝利を記念したモニュメントのお披露目が行われた。
 モニュメントはスタジアム前のエントランス広場に設置した。アイルランド戦で、福岡堅樹選手が後半18分に決めた逆転トライのシーンがモチーフ。銘板に「エコパをラグビーの聖地に!!」と記されている。制作した長泉町の彫刻家堤直美さんは除幕式で「作品依頼の時からこのシーンしかないと思っていた。ワンチームを象徴するような像にした」と紹介。福岡選手は「モニュメントとして残していただけるのは光栄なこと。当時の感動を思い出してもらえれば」と話した。
 ラグビーの聖地化の推進を目的に開催した。ふじのくにスポーツサポーターの委嘱式が開かれ、アザレア・セブン、ヤマハ発動機ジュビロ、ももいろクローバーZの百田夏菜子さん(浜松市出身)を任命。福岡選手のトークショーや女子7人制ラグビーチームの大会「アザレア・セブンズカップ」も行われた。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿