静岡新聞NEWS

大鉄に「合格」駅 新駅「門出」に合わせ駅名改称

(2020/9/26 09:04)
地域住民が「合格駅」の看板を掲げている駅舎=島田市の大井川鉄道五和駅
地域住民が「合格駅」の看板を掲げている駅舎=島田市の大井川鉄道五和駅
新駅「門出」が設置される「KADODE OOIGAWA」。蒸気機関車(SL)も展示される=島田市竹下
新駅「門出」が設置される「KADODE OOIGAWA」。蒸気機関車(SL)も展示される=島田市竹下

 大井川鉄道(本社・島田市)は25日、35年ぶりの新駅「門出」の開業(11月12日)と合わせ、手前の五和(ごか)駅を「合格」に改称すると発表した。五和駅では5年前から地域住民が駅名をもじった「合格駅」としてPRを開始し、受験生の応援や駅舎の装飾に励んできた。大鉄は新駅が入るにぎわい交流拠点「KADODE OOIGAWA」と合わせ、全国的にも珍しい“縁起のいい駅”として発信する計画だ。
 無人の五和駅を自主的に装飾しているのは「チームおもしろ五和駅」のメンバー。語呂合わせをきっかけに手作りの看板を掲げ、駅舎内には木彫りの地蔵尊も設置し受験生の人気スポットの一つになっている。五和小の児童は卒業時、木札に夢を書いて駅舎に掲示する行事に参加。代表の渡辺琢史さん(74)は「本当に合格駅になってうれしい。ローカル線に目を向ける人が増え、客足が増えれば地元も活気づく」と喜ぶ。
 五和駅の手前の日切駅付近には「何日までに」などと日を限った願い事が叶うといわれる「日限地蔵尊」、始発の金谷駅近くには受験生も多く訪れる「すべらず地蔵尊」がある。大鉄広報の山本豊福さんは「『日切』で願い、無事『合格』して新しい人生の『門出』を」とアピール。旧村名でもある駅名を看板などで残すことも検討中という。
 「KADODE-」はJA大井川や大井川鉄道、島田市などが連携して整備する複合施設。新駅は市の観光案内所「おおいなび」と直結する。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿