静岡新聞NEWS

警察署で75歳以上の運転免許更新 予約待ち短縮へ伊東で開催

(2020/9/26 18:42)
受検待ちの長期化解消に向け、初めて警察署で実施された認知機能検査=25日午後、伊東署
受検待ちの長期化解消に向け、初めて警察署で実施された認知機能検査=25日午後、伊東署

 静岡県警運転免許課は25日、75歳以上の高齢者の免許更新に必要な認知機能検査を伊東署で実施した。検査は受検待ちの長期化が問題になっていて今回は迅速化への試験的な取り組みとして県内で初めて警察署で行った。
 検査はドライバーの記憶力や判断力を確認するもので、高齢者講習とともに75歳以上の免許更新時に義務付けられている。ただ、現在は自動車学校か東中西部の各運転免許センターでしか受検できない。同課によると、対象者には有効期限満了の半年前に通知が届くが、高齢化率の上昇などですぐに予約しても2~3カ月待ちになるケースがあるという。更新期限が迫り不安を感じる高齢者も多い。
 伊東市では伊東自動車学校が月20回(約300人分)検査を実施しているが、受検まで1カ月半~2カ月待ちと長期化している。東部運転免許センター(沼津市)が遠く、今回は27人が受検した。東伊豆町から訪れた受検者(78)は「10月が免許更新なので9月上旬に問い合わせたら、もう期限内の検査の空きがなかった。地元に近い警察署で受検できれば助かる」と歓迎した。
 同課は他署でも実施できるか検討する。東部運転免許センターの斎藤幸治警部は「警察署の建物の構造によっては高齢者が階段を昇り降りできるかなどの問題も生じる。地域の事情に応じて考えていく」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿