静岡新聞NEWS

伊豆高原駅、ストリートピアノお目見え ヤマハ製、30日まで

(2020/9/20 10:30)
お目見えした「ラブピアノ」。白いバルーン装飾の中で鮮やかな草原デザインが映える=伊東市の伊豆急行伊豆高原駅
お目見えした「ラブピアノ」。白いバルーン装飾の中で鮮やかな草原デザインが映える=伊東市の伊豆急行伊豆高原駅

 伊豆急行の伊豆高原駅(伊東市)に17日、ストリートピアノがお目見えした。ヤマハ製のアップライトピアノで、愛称は「ラブピアノ」。30日まで同駅の改札前ホールに置いていて、午前9時半~午後5時に自由に弾くことができる。
 ピアノの外装は草原をイメージした華やかな色彩。浜松国際ピアノコンクールをモデルにした恩田陸さんの直木賞作品「蜜蜂と遠雷」の表紙装画として、焼津市出身のイラストレーター杉山巧さんが描いたデザインを基にしている。周囲には白を基調にしたバルーン装飾を施し、幻想的な雰囲気を演出した。
 ラブピアノは自由に弾けるピアノをオープンスペースに期間限定で設置するヤマハのプロジェクト。2月下旬から3月上旬にかけ伊豆半島各地に4台を設置し好評だった。今回は「コロナ禍の中、ラブピアノを通じて多くの人が明るく元気になってもらえれば」(伊豆急行担当者)との思いから、同社とヤマハミュージックジャパンが再度企画した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿