静岡新聞NEWS

伊勢エビ漁解禁「出だし上々」 南伊豆で初水揚げ

(2020/9/17 17:26)
水揚げされた伊勢エビを網から取り外す男性=17日午前5時半、南伊豆町下流の下流港
水揚げされた伊勢エビを網から取り外す男性=17日午前5時半、南伊豆町下流の下流港

 静岡県内の伊勢エビ漁が16日に解禁され、南伊豆町の下流港では17日早朝、昨年初日より120キロ多い229キロが初水揚げされた。港では地元の住民らが「カキ」と呼ばれるL字形の金具で網からエビを次々と取り外した。漁期は2021年5月14日まで。
 同港では、下流海老組合の2隻が16日夕方に出港し、沖合約200メートルの海底に帯状の刺し網を仕掛け、17日未明に引き上げた。初日に水揚げしたエビは15~25センチほどとやや小ぶり。谷聡将組合長(27)は「出だしとしては上々。水温も高く、今後に期待したい」と話した。
 昨年度は台風の影響や新型コロナウイルス感染拡大に起因した観光客需要の激減で出漁日数が減り、同町の漁獲高は前年比4トン減の30トンだった。
 同町は県内一の伊勢エビの水揚げ量を誇り、全国でも有数の産地として知られる。今月20日から11月30日まで、町内の民宿や旅館などが特別メニューを提供する「伊勢海老まつり」を開催する。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿