静岡新聞NEWS

マグロ調理に児童挑戦 焼津で「Sea級グルメスタジアム」

(2020/9/13 08:55)
マグロをさばく様子を見学する児童=焼津市の焼津水産高
マグロをさばく様子を見学する児童=焼津市の焼津水産高

 子どもたちに水産物の魅力を伝える「Sea級グルメスタジアムin静岡」が12日、焼津市の焼津水産高で開かれた。市内や周辺の小学生19人が参加し、焼津港が全国有数の水揚げ量を誇るマグロについて学んだ。
 水産高生徒がビンナガマグロを包丁でさばく様子を見学した。刺し身になる部分や、内臓の位置や種類を教わった。参加した男子児童(8)は「体の割に心臓が小さくて驚いた」と、じっくりと見つめた。
 この後、マグロを使った調理に挑戦した。水産高生徒と地元企業が共同開発したホンマグロの瓶詰めを使い、冷製パスタを完成させた。瓶詰めは今後、商品化される予定で、どのような商品名がいいか意見を出し合った。
 日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環として昨年に続いて同校で実施された。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿