浜松・舘山寺大草山 「大文字」導入 投光実験再び

 浜松市西区の舘山寺温泉観光協会などは16日夜、温泉街の対岸にある大草山に縦横約50メートルの「大文字」を映し出す実証実験を行い、新たな観光資源の創出に向けて投光の効果や課題を探った。

新たな観光資源の創出に向けて行われた大草山に大文字を映し出す実証実験=浜松市西区舘山寺町
新たな観光資源の創出に向けて行われた大草山に大文字を映し出す実証実験=浜松市西区舘山寺町

 12日夜に行った前回実験時と同様、光学機器メーカーのパイフォトニクス(東区)の発光ダイオード(LED)照明「ホロライト」を活用。温泉旅館「時わすれ開華亭」前のベイガーデン周辺に設置し、内浦湾を挟んで対岸の山腹までの照射距離を前回の500メートルから800メートルに伸ばした上で、「大」や「山」といった文字の映り具合を確かめた。
 観光協会と同社は本格導入に向け、今後も効果的な設置場所などの検証実験を続ける。

いい茶0
メールマガジンを受信する >