くちばしみたい♡ ユーモアあふれる鳥マスク 掛川花鳥園

 掛川市の掛川花鳥園は14日から、バナナのようなくちばしを持つオニオオハシや動かない鳥として人気のハシビロコウなどをモチーフにしたオリジナルマスクを販売する。新型コロナウイルスの感染拡大で重苦しい世相の中、少しでもユーモアを与えることができればと企画した。

カラフルなくちばしがデザインされたオニオオハシのマスク=掛川市の掛川花鳥園
カラフルなくちばしがデザインされたオニオオハシのマスク=掛川市の掛川花鳥園
「動かない鳥」ハシビロコウのくちばしがデザインされたマスク=5日、掛川市の掛川花鳥園
「動かない鳥」ハシビロコウのくちばしがデザインされたマスク=5日、掛川市の掛川花鳥園
カラフルなくちばしがデザインされたオニオオハシのマスク=掛川市の掛川花鳥園
「動かない鳥」ハシビロコウのくちばしがデザインされたマスク=5日、掛川市の掛川花鳥園

 オニオオハシのマスクは子ども向け。カラフルなくちばしがデザインされている。ハシビロコウのマスクは表面にワンポイントのイラストが描かれた大人向けと、マスク全体にくちばしがデザインされた子ども向けの2種類。他にワシミミズクのイラストを描いた大人向けのマスクも販売する。
 価格は全て税込み900円。お盆明けごろ、同園の公式オンラインショップ(通販サイト)からも購入が可能。ホームページから検索できる。問い合わせは掛川花鳥園<電0537(62)6363>へ。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0