静岡新聞NEWS

熱海海上花火 密避け5千発、異例の体制【新型コロナ】

(2020/8/6 08:30)
新型コロナウイルスの感染対策が取られた中で行われた熱海海上花火大会=5日午後、熱海市
新型コロナウイルスの感染対策が取られた中で行われた熱海海上花火大会=5日午後、熱海市
新型コロナウイルスの感染対策が取られた中で行われた熱海海上花火大会=5日午後、熱海市
新型コロナウイルスの感染対策が取られた中で行われた熱海海上花火大会=5日午後、熱海市

 熱海市の熱海湾で5日、熱海海上花火大会が開かれた。新型コロナウイルスの影響で花火大会の中止が各地で相次ぐ中、市などは見物客の密集などを回避するため日帰り客の来訪自粛を求めるなど異例の態勢で臨んだ。
 15分間に5千発の花火が矢継ぎ早に上がり、夜空を彩った。同市渚町の親水公園には、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するための目印を貼るなどの対策が取られたが、見物客同士の間隔に余裕があった。
 市によると、例年は約3万人が訪れるが、この日は約1万2千人と半分以下。ただ、海岸沿いの一部エリアでは、やや混み合っている状況が見られた。
 同花火大会は8月中にあと4回予定されている。斉藤栄市長は「今回は大きな問題はなかった印象だが、改善の余地はある。しっかり検証して次回に反映したい」と話した。

新型コロナウイルスの感染対策が取られた中で行われた熱海海上花火大会=5日午後、熱海市
新型コロナウイルスの感染対策が取られた中で行われた熱海海上花火大会=5日午後、熱海市
新型コロナウイルスの感染対策が取られた中で行われた熱海海上花火大会=5日午後、熱海市
新型コロナウイルスの感染対策が取られた中で行われた熱海海上花火大会=5日午後、熱海市

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿