静岡新聞NEWS

富士山信仰息づく洞穴「人穴」 富士宮市、PR注力

(2020/8/1 09:12)
富士山信仰「富士講」の聖地とされる溶岩洞穴「人穴」
富士山信仰「富士講」の聖地とされる溶岩洞穴「人穴」
富士講信者が建てた先達の供養碑や記念碑など232基の碑塔が並ぶ洞穴周辺=30日、富士宮市人穴
富士講信者が建てた先達の供養碑や記念碑など232基の碑塔が並ぶ洞穴周辺=30日、富士宮市人穴

 静岡、山梨の両県で富士山の山頂に向かう登山道が一斉閉鎖された異例の夏。富士宮市は富士山観光として市内の世界遺産構成資産のPRに力を入れている。その一つ人穴富士講遺跡の溶岩洞穴「人穴」では2013年の世界遺産登録を機に着手した安全対策工事がこのほど完了。31日までに、新型コロナウイルス収束後に予定する一般公開解禁を前に洞穴内を取材した。
 人穴は富士山の民間信仰「富士講」の開祖長谷川角行が修行し、入滅した聖地として知られる。周辺には富士講信者が建てた先達の供養碑や記念碑など232基の碑塔が並び、信仰の隆盛ぶりを物語る。現在も全国から富士講の信者が人穴を訪れるという。
 洞穴への階段を下ると富士山信仰をうかがわせる石仏や碑塔が残され、壁のくぼみには修行者が立てたろうそくの跡などが点在する。安全対策工事で設置された20メートルのシェルターをくぐると広い空間が現れる。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿