静岡新聞NEWS

愛知、浜松コロナ深刻化 静岡県西部厳戒の観光地 来訪自粛「線引き難しく」

(2020/7/30 17:47)
県内外から訪れた釣り客でにぎわう海釣公園=7月下旬、湖西市新居町
県内外から訪れた釣り客でにぎわう海釣公園=7月下旬、湖西市新居町
県内外のナンバーの車で埋まった海釣り公園駐車場=7月下旬、湖西市新居町(写真の一部を加工しています)
県内外のナンバーの車で埋まった海釣り公園駐車場=7月下旬、湖西市新居町(写真の一部を加工しています)

 新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)発生で静岡県内でも危機意識が高まる中、隣県の愛知県では29日、1日当たりの感染発表数が過去最多の167人に上った。浜松市や愛知県からの来訪者が多い県境域の観光施設は夏休み時期を迎え、感染への警戒を強めている。
 ▶感染者数市町別内訳・マップ
 愛知からも行楽客が訪れる湖西市新居町の観光施設「海湖館」。屋外の池で行う魚のつかみ取りなどが好評で、23日からの4連休は家族連れでにぎわった。隣接する海釣公園にも釣り客が並び、駐車場には愛知県ナンバーの車が目立った。
 小学生ら3人の子どもと名古屋市から湖西市内の実家に車で帰省した女性(37)は「名古屋はゴールデンウイークの時の方が緊張感があった。このままだと、お盆にはもう帰省できなくなるかも」と不安げに漏らした。
 浜松市西区の浜名湖ガーデンパークは、2割程度が愛知からの来園者。屋外施設の人気からか、臨時休園が明けた6月の来園者は前年比110%を超えた。4連休のうち多い日は約5200人が訪れ、前年に近い状況に戻りつつある。
 感染対策として展望塔を利用する際の人数制限や、夏恒例の水遊び広場の開設中止などを既に講じた。以前は関東圏からの来訪を控えてもらうように呼び掛けたが、落合清人所長(62)は「地元の浜松市でも感染者が出ている。自粛を呼び掛けるには線引きが難しい」と悩む。
 湖西市の影山剛士市長は感染拡大地域への不要不急の移動を控えるよう、ウェブサイトなどで市民にメッセージを発した。「人の往来が多い県境の愛知県豊橋市などでは感染者は急増していない」としながら、「どこで感染が確認されてもおかしくない」とコロナの最新動向を注視する。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿