静岡新聞NEWS

富士の地酒「田子の浦」半世紀ぶり復活 焼失「山屋」の味

(2020/7/29 09:13)
昭和45年まで富士市で製造された地酒を再現した清酒「山屋」=富士宮市の富士高砂酒造
昭和45年まで富士市で製造された地酒を再現した清酒「山屋」=富士宮市の富士高砂酒造
店内に掲げられた清酒「田子の浦」の看板
店内に掲げられた清酒「田子の浦」の看板

 創業190年を誇る富士宮市の酒造会社「富士高砂酒造」がかつて富士市の支店で醸造していた清酒「田子の浦」を約50年ぶりに復活させ、当時の屋号を配した「天之美禄(てんのびろく) 山屋」として市内で販売を始めた。江戸時代の富士のまちには、旅人を魅了した「富士の白酒」があったと伝わる。同社はこの幻の酒の再現も進める。現在は造り酒屋がない富士市で、地酒文化の再興を目指す。
 同社前身の山中正吉商店は、富士宮市の中屋に加え、明治期に現在の富士市内に支店「日野屋」を構えた。同市岩本から本市場に移転した店は「山屋」の屋号で親しまれたが、1970(昭和45)年に火災で焼失。酒蔵は田子の浦とともに幕を下ろした。同社には今も誇らしげに看板が掲げられている。
 年月が山屋の酒造りを知る蔵人を高齢化させた。「富士市との縁を示す酒を復活させる最後の機会かな」と2018年、同社営業部主任の竹川昌利さん(42)と蔵人が一念発起した。田子の浦の製法や味の記憶をたどり、試行を重ねた。富士山本宮浅間大社の献上酒と同じく、昔ながらの製法で掛米に「五百万石」を使用して3段仕込みで仕上げ、キレを加えた。「富士市でしか飲めない酒」に仕上げた。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿