静岡新聞NEWS

揺らめく光、御利益願う 袋井・法多山で万灯祭

(2020/7/10 07:39)
1500基の灯籠の明かりで幻想的な雰囲気に包まれた万灯祭=袋井市豊沢の法多山尊永寺
1500基の灯籠の明かりで幻想的な雰囲気に包まれた万灯祭=袋井市豊沢の法多山尊永寺

 袋井市の夏の風物詩「法多山万灯祭」(実行委主催)が9日、同市豊沢の法多山尊永寺で始まった。1500基の灯籠が幻想的な光景を演出し、大勢の参拝者が揺らめく光を眺めた。10日まで。
 同寺によると、7月10日は本尊の厄除(よけ)観音の縁日。1度の参拝が4万6000日分に相当するとされ、一年間で最も御利益がある日という。厄除観音への感謝や無病息災、家内安全などを祈願した灯籠が本堂前や石段に並び、写真撮影を楽しむ家族連れらが見られた。
 10日は午前8時半から法要を執り行う。灯籠の点灯は午後10時まで。縁起物のほおずきが並ぶ厄除ほおずき市も開催している。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿