静岡新聞NEWS

「みそぎの祓い」感染防止策 島田・大井神社、露店販売は中止

(2020/6/28 14:03)
境内に茅の輪を準備する関係者ら=島田市の大井神社
境内に茅の輪を準備する関係者ら=島田市の大井神社

 島田市の大井神社で30日から、半年間の心身のけがれを祓(はら)い、夏以降の無病息災を願う「みそぎの祓い」が行われる。例年は同日のみの開催だが、ことしは新型コロナウイルスの感染防止策として参拝客の分散化を図るため、7月15日まで実施する。露店販売は中止する。
 関係者は27日、カヤを編んだ直径約3メートルの茅の輪を境内に設置するなど準備を進めた。期間中は身のけがれを移す「形代(かたしろ)」の配布や祈とうは通常通り行う。
 片川大輝権禰宜(ごんねぎ)は「30日に限らず、都合のいい日に来ていただきたい」と話す。
 感染防止に向け、祈とうや授与品の配布は郵送でも対応する。
 問い合わせは同神社<電0547(35)2228>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿