静岡新聞NEWS

富士・岳鉄「夜景電車」27日運行再開 7月から月4回に増便 定員、予約制導入

(2020/6/26 07:58)
工場夜景の中を進む夜景電車=富士市内(岳南電車提供)
工場夜景の中を進む夜景電車=富士市内(岳南電車提供)

 富士市の岳南電車(通称・岳鉄)は27日から、新型コロナウイルス感染拡大に伴って運行を中止していた同社名物で人気の「夜景電車」の定期運行を再開する。予約制や定員制を導入し、7月からは、月2回から4回に増便する。
 夜景電車は、岳鉄の夜景遺産登録をきっかけに2014年から定期運行を開始。2両編成の1両の照明を消灯し、夜景観光士の案内で沿線に広がる工場夜景などを楽しむ。毎月土曜に月2回、各駅停車の通常ダイヤの列車で運行し、フリー乗車券(720円)を購入した乗客が予約無しで乗車できた。
 今後は乗車人数を車両定員の4分の1に当たる30人に絞り、予約制にする。当日時点で定員に満たない場合は乗車できる。マスク着用や、受付での検温、問診票記入、手指消毒を義務付けるなど感染症対策を施す。料金は、光る切符のフリー乗車券とミネラルウオーター、夜景電車乗車証明書付きで大人千円、小学生以下500円に変更する。
 岳鉄の4、5月の乗客数は約6割減で現在も苦しい経営が続く。ただ、特別ダイヤで貸切運行する6月20日の「ナイトビュープレミアムトレイン」は満席になるなど定期運行の再開を求める声もあり、再開に踏み切った。
 夜景電車は7月4、11、18、25日、8月は1、8、15、22日に運行し、午後7時43分に吉原駅を発車する。ナイトビュープレミアムトレインは8月9、29日を予定する。問い合わせ・予約は同社<電0545(53)5111>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿