静岡新聞NEWS

天浜線80年を振り返る入場券、1日発売 国鉄時代も

(2020/5/29 07:52)
1日に発売する国鉄二俣線全線開通80周年記念入場券(左)と特典の非売品クリアファイル
1日に発売する国鉄二俣線全線開通80周年記念入場券(左)と特典の非売品クリアファイル

 天竜浜名湖鉄道(浜松市天竜区)は1日、前身の国鉄二俣線全線開通80周年を記念した入場券を発売する。現行車両のほか、SLやトロッコなど往年の車両がデザインされ、天浜線の80年を振り返る仕様となっている。
 各有人駅の入場券に加え、国鉄時代に運行していた「キハ20」の復活塗装車両の記念硬券の7枚1セット。専用の台紙に収められ、6月1日の印字が打たれている。購入者には非売品のクリアファイルが贈呈される。
 二俣線は1940年6月に掛川-新所原間(67・7キロ)で全線開通。87年に第三セクター天竜浜名湖鉄道が路線を引き継いだ。担当者は「80周年の記念のセットを手にしていただき、今後の天浜線も応援していただきたい」と話している。
 1セット1200円で、限定2000セットの販売。各有人駅窓口での販売と電話注文も受け付ける。問い合わせは同社営業課<電053(925)2276>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿