静岡新聞NEWS

静大馬術部に寄付2500万円 静岡県内外から、大学HPで感謝

(2020/5/29 07:48)

 新型コロナウイルスの影響で、馬の飼料代などに充てるためのアルバイトができず、飼育の危機に直面していた静岡大の馬術部に対し、28日までに県内外から2千件以上、約2500万円の寄付が集まった。「本当にありがたい」。関係者は想像を超える支援の広がりに驚き、同大はホームページに「飼料代や飼育環境を良くするための経費として大切に利用させていただく」との謝辞を掲載した。
 馬術部では部員8人が同大静岡キャンパス(静岡市駿河区)で6頭を世話している。昨年度は運営費として約645万円を支出。部員が競技補助員などのアルバイトで多くを賄ってきたが、今年は大会が軒並み中止となり資金難に陥っていた。
 23日に苦境が報道されると、一週間もたたないうちに予想以上の善意が寄せられた。馬術部の部長(顧問)を務める河岸洋和グリーン科学技術研究所教授は「感謝の言葉しかない。厚意に応え、責任ある行動を取る。6頭が健康に生きていけるよう、大切に使わせていただく」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト