静岡新聞NEWS

待ちわびた? いまさら? 静岡県内「アベノマスク」配達開始

(2020/5/24 07:40)
集合住宅のポストに政府配布の布マスクを投かんする配達員=23日午前、静岡市葵区
集合住宅のポストに政府配布の布マスクを投かんする配達員=23日午前、静岡市葵区
政府配布の布マスクをバイクに積み込む配達員=23日午前、静岡市葵区の静岡中央郵便局
政府配布の布マスクをバイクに積み込む配達員=23日午前、静岡市葵区の静岡中央郵便局

 新型コロナウイルス感染拡大に伴うマスク不足を受け、政府が全世帯へ配布する布マスクの配達が23日、静岡県でも始まった。県内最初となった静岡中央郵便局(静岡市葵区)では、配達員125人が郵便バイクの荷台に積み、各家庭に届けた。
 同郵便局には前日、1世帯2枚入りの約2万8800セットが搬入された。25日までに同区の配達先となる約11万カ所のうち約3割に当たる家庭などに配る。河本和彦第1集配営業部部長は「社会の関心が高い郵便物。丁寧に間違いのないよう届けたい」と話した。
 日本郵便東海支社によると、県全体の配布先は約166万カ所。政府から届き次第、順次配布するという。
 一方、受け手側からは冷めた声も。同区のマンションに住む女性(56)は「毎日洗濯をして、アイロンをかけて使うとなると大変。いっときより入手しやすいので、使い捨てマスクを利用する人が多いのでは」と首をかしげた。ネット上では「アベノマスク」とも呼ばれている。
 この日の配達開始は静岡県など34県。感染者が拡大した東京都や大阪など13都道府県では、既に配布が始まっている。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿