静岡新聞NEWS

ブリ大漁、今年最多 静岡県沿岸の定置網で46トン

(2020/4/2 23:11)
伊東魚市場に水揚げされるブリ=2日午前、伊東市
伊東魚市場に水揚げされるブリ=2日午前、伊東市

 静岡県内沿岸の定置網で2日、ブリ(ワラサ)が約46トン水揚げされた。県定置漁業協会によると、今年に入ってからの漁獲高では最多という。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で外食需要が低迷し、価格は低下している。漁業者は久々の大漁にも、複雑な表情を浮かべる。
 伊東市の伊東魚市場には、早朝から沿岸の定置網に入った1匹8キロ前後のブリ23・6トンが次々と運び込まれ、氷漬けにされた。
 伊豆東海岸の定置網漁にとって、ブリは主力魚種。例年より1カ月以上遅れて本格的な水揚げとなったが、いとう漁協の関係者は「飲食店向けの鮮魚に高値が付かない」と浮かない様子だった。この日の取引価格は1キロ400~100円。100円台の取引も多く、別の関係者によると「相場は例年の3分の1程度」という。
 一方、魚体は丸々と太っていて、身質は抜群という。首都圏のほか県内にも出荷されていて、スーパーなどの店頭にも並ぶとみられる。県定置漁業協会の日吉直人会長は「非常に脂が乗っている。リーズナブルなので、この機会に多くの人に地元の魚を食べてもらえれば」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト