静岡新聞NEWS

アルパカ赤ちゃん誕生、愛らしい姿披露 伊豆アニマルキングダム

(2020/2/27 07:36)
誕生したばかりの雌のアルパカ「すい」=東伊豆町の伊豆アニマルキングダム(提供写真)
誕生したばかりの雌のアルパカ「すい」=東伊豆町の伊豆アニマルキングダム(提供写真)

 東伊豆町稲取の動物園「伊豆アニマルキングダム」でこのほど、アルパカの雌の赤ちゃんが生まれた。2018年に園内にオープンしたアルパカ展示場では、初の赤ちゃん誕生で、愛らしい姿が来園者を楽しませている。
 誕生したのは雌の「すい」。雄のジャックと雌のしずくの間に23日に生まれた。体高40センチ、体重7キロ。既に一般公開し、親子水入らずで過ごす様子を見ることができる。
 アルパカは南米のアンデス山脈に生息し、体毛は毛糸になる。天候や動物の体調によって展示を中止することがある。
 問い合わせは伊豆アニマルキングダム<電0557(95)3535>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト