静岡新聞NEWS

「カブト」「モモ」よろしく 下田海中水族館、アザラシ仲間入り

(2020/2/22 07:52)
福島県の水族館から仲間入りした雄の「カブト」
福島県の水族館から仲間入りした雄の「カブト」
高知県の水族館から来館した雌の「モモ」=下田市の下田海中水族館
高知県の水族館から来館した雌の「モモ」=下田市の下田海中水族館

 下田市三丁目の下田海中水族館にこのほど、雄のゴマフアザラシ「カブト」(1歳)と雌の「モモ」(9歳)が仲間入りし、一般公開を始めた。
 カブトは福島県いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」から1月23日に来館した。カブトの父の「きぼう」は、同水族館で飼育されていた母親の胎内で東日本大震災に被災。避難先の千葉県の水族館で生まれ、話題になった。カブトの体重は35~40キロほどで、来館時から数キロ増え、ぐんぐんと成長している。
 モモは2月5日、足摺海洋館(高知県土佐清水市)から来館し、体重は約70キロ。雄のマックスと同じプールに入り、繁殖にも期待がかかる。
 同館で飼育されているゴマフアザラシは計6頭に増えた。飼育員の小林大翔さん(23)は「カブトは好奇心旺盛で、ショー向きの性格。モモはマックスとの間の“2世”の誕生を期待したい」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト