静岡新聞NEWS

特殊詐欺被害防止へ協定、静岡県警と杏林堂薬局

(2020/2/22 14:30)
特殊詐欺被害の防止に向けて協定書を交わした杏林堂薬局の青田英行社長(左)と県警の森本俊典生活安全部長=21日午前、浜松市中区
特殊詐欺被害の防止に向けて協定書を交わした杏林堂薬局の青田英行社長(左)と県警の森本俊典生活安全部長=21日午前、浜松市中区

 静岡県警とドラッグストアチェーンの杏林堂薬局(浜松市中区)は21日、高齢者を狙った特殊詐欺被害の防止に向けて連携協定を締結した。県内全域にある店舗や、インターネットを使った同社の買い物・宅配サービス「ネットスーパー」の配達網を利用して啓発活動を行い、被害の未然防止を目指す。
 県内84店舗のうち食料品や電子マネーを扱う店舗を中心に、詐欺被害への注意を呼び掛けるボードを売り場やレジに掲示する。県警は特殊詐欺の最新の手口や被害状況を同社に提供し、啓発に役立ててもらう。
 同社が県西部で展開するネットスーパーは高齢者の利用が多く、配達員が声を掛けて注意喚起する。詐欺被害だけでなく、急病で倒れたといった緊急事態に対応する見守りの役割も期待される。
 同区で開かれた締結式で、同社の青田英行社長と県警生活安全部の森本俊典部長が協定書を交わした。式後は取り組みの第1弾として、同区の杏林堂薬局名塚店で、店員らが買い物客に啓発チラシを配った。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト