静岡新聞NEWS

サクラエビ不漁でも由比に活気を 漁協など、新プロジェクト始動

(2020/2/15 07:39)
完成したポスターを手に意気込む実行委のメンバー=13日、静岡市清水区
完成したポスターを手に意気込む実行委のメンバー=13日、静岡市清水区

 駿河湾産サクラエビの長引く不漁で活気を失う地域を活性化させようと、地元の由比地区(静岡市清水区)の商工会や漁協、NPOなどの団体有志が14日までに、イベントを手掛ける「ゆいまるプロジェクト」を発足させた。地区で毎年開催していた各種イベントを一つに集約し、3月1日には「ゆいまるフェア」を開く。
 「由比のイベントを丸ごと楽しめる」と実行委員会の柚木達雄代表。記録的不漁の改善が見通せない中、「一丸となって苦境を乗り越え、盛り上げたい」と意気込む。同フェアは昨年3月に初開催したが、地元全体で活性化を図ろうと今回、プロジェクトを新たに発足。規模を昨年より拡大し、内容も充実させて実施を決めた。
 本番まで約2週間となった13日の会合では完成したばかりのポスターや当日の役割分担などを最終確認した。
 イベントは午前9時から。由比本陣公園(同区由比)とその周辺を会場に「しずおか結市」「由比いいもんまつり」「春味まつり」「星野まつり」などを展開。市内外から約40ブースが出店し、地魚やかんきつ類などの地場産品を販売したり、飲食店や加工業者が自慢の逸品を振る舞ったりする。プロジェクトのロゴマークを選ぶ投票も行う。
 会場はJR由比駅から徒歩約20分。問い合わせは実行委<電054(375)6135>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿