静岡新聞NEWS

浜松出身、比で人気のユーチューバ- 故郷に交流スペース開設へ

(2020/2/14 13:21)
現地の人々と交流する三海郁弥さん(右、ユーチューブチャンネル「FumiShunBase」より
現地の人々と交流する三海郁弥さん(右、ユーチューブチャンネル「FumiShunBase」より

 フィリピンを拠点に動画投稿サイト「ユーチューブ」で動画配信し、絶大な人気を誇る浜松市出身のユーチューバ-三海(さんかい)郁弥さん(24)が16日、同市中心街に日本人とフィリピン人の交流スペースを設ける。歌手、モデル、俳優でもあり「フィリピンで最も有名な日本人」とも言われ、両国の懸け橋になろうと意気込んでいる。
 三海さんは22歳の時に語学留学でフィリピンに渡った。もともとはユーチューブにさほど関心はなかったが、音楽や服飾などの分野で世界的に活躍している投稿者がいることに魅力を感じて動画投稿を始めたという。
 動画には自ら出演し、たどたどしいタガログ語で歌を歌ったり、日本人になじみのない食習慣に挑戦したり。その悪戦苦闘ぶりと屈託のない人柄がフィリピン人に受けた。さらに、現地の人気テレビ番組に出演したことで、一気に知名度が上がった。運営するユーチューブチャンネル「FumiShun Base」の登録者は約192万人、総再生回数は7600万回を超える。
 三海さんは、動画配信や芸能活動を通じて、浜松のPRにも努めているという。「フィリピンに対して何となく暗いイメージを抱いている日本人が多い。真の姿を知ってほしい」との思いで、同市中区田町に交流スペースを設けることを決めた。
 自身の活動を紹介するコーナーを設け、グッズ販売も行う。収益の一部はフィリピンの社会貢献活動に役立てる構想も抱いている。1月下旬には市役所を訪れ、鈴木康友市長に今後の展望を述べた。「市内のフィリピン人だけでなく、国内外から多くの人に来てもらい、浜松を盛り上げたい」と熱く語る。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト